自動車登録(持込含む)、ドローン等の飛行許可、相続・遺言、特殊車両通行許可などの許認可手続は特定行政書士2名の共同事務所である黒田行政書士事務所にお任せ下さい!!

業務のご案内

行政書士業務について

行政書士業務とは、行政書士法に定められている業務のこと
行政書士法

第一条の二 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)を作成する場合における当該電磁的記録を含む。以下この条及び次条において同じ。)その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とする。

 行政書士は、前項の書類の作成であつても、その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、業務を行うことができない。

第一条の三 行政書士は、前条に規定する業務のほか、他人の依頼を受け報酬を得て、次に掲げる事務を業とすることができる。ただし、他の法律においてその業務を行うことが制限されている事項については、この限りでない。

 一  前条の規定により行政書士が作成することができる官公署に提出する書類を官公署に提出する手続及び当該官公署に提出する書類に係る許認可等(行政手続法(平成五年法律第八十八号)第二条第三号 に規定する許認可等及び当該書類の受理をいう。次号において同じ。)に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対してする行為(弁護士法 (昭和二十四年法律第二百五号)第七十二条 に規定する法律事件に関する法律事務に該当するものを除く。)について代理すること。

 二  前条の規定により行政書士が作成した官公署に提出する書類に係る許認可等に関する審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立ての手続について代理し、及びその手続について官公署に提出する書類を作成すること。

 三  前条の規定により行政書士が作成することができる契約その他に関する書類を代理人として作成すること。

 四  前条の規定により行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずること。

 前項第二号に掲げる業務は、当該業務について日本行政書士会連合会がその会則で定めるところにより実施する研修の課程を修了した行政書士(以下「特定行政書士」という。)に限り、行うことができる。
つまり、行政書士とは以下の手続を業とする国家資格者です。
1、官公署へ提出する書類の作成や相談と提出の代理(電子申請を含む)      許認可業務 自動車業務 ただし、他士業法で独占業務となっていないもの
2、行政書士が作成した書類に係る許認可の不服申立手続の代理及びその書類の提出(特定行政書士のみ
3、権利義務や事実証明に関する書類の作成と相談 民事法務

行政書士業務を分かり易く説明している動画ですご自由にご覧ください。

動画を見る方はコチラをクリック

事務所・営業時間のご案内

TEL&FAX 022-341-0415  MOBILE 090-4633-3728
平日 9:00~18:00 
土・日・祝日 事前にご予約下さい。
FAX・メール 24時間365日受付中

Google+ 黒田行政書士事務所

最近の投稿 Recent posts

日本行政書士会連合会

宮城県行政書士会

宮城県行政書士会 泉支部

ゆるキャラグランプリ2017   日本行政書士会連合会公式キャラクター ユキマサくん

これまでの来訪者数

免責事項

当サイトの情報は自己責任の上ご利用下さい。万が一これらに起因して損害を生じても、一切の責任を負いかねます。

PAGETOP
Copyright © 2014 黒田行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。